★化学調味料・香料・保存料無添加

 

★簡単調理で本格、宮崎グルメ

 

★常温保存で365日

 

★国産とり肉100%

 

★ほとんどを手作業で仕込んだ

 

★湯せんで簡単おつまみ

 
 
 

宮崎名物焼き鳥 鶏の炭火焼

 
 

 鶏の炭火焼きとは、今のように豊かでなかった昭和の初期、家庭で飼育していたニワトリを、お祭りやさまざまなお祝い事の際に、家族で焼いて食べていたことが始まりでは、と言われています。

 

 宮崎は、温暖な気候と恵まれた自然環境から昔から畜産が盛んであり、それは家庭でも同様で、卵も産み、肉は食用にもなるニワトリが大変重宝されていました。

 

 多くの家庭の庭先ではニワトリを飼い、正月や祭り、お祝い事の時には、刺身・煮物・出汁などとして大切に料理されていたそうです。

 

 その名残から今日でも、庶民の「喜び」の味、「宮崎の食文化」として愛され続けています。

 
 
 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

おつまみ 焼き鳥 宮崎名物 鶏の炭火焼100g×3 1000円 ポッキリ
価格:500円(税込、送料無料) (2017/9/17時点)

 
 
 

化学調味料・香料・保存料一切使用していません

 
 

 現在、高い割合で調味料(アミノ酸)という表記がされ、多くの加工食品でそれらが見られます。

 

 また食品の腐敗や変敗の原因となる微生物の増殖を抑制し、保存性を高めることを目的とした保存料ソルビン酸・ソルビン酸カリウム(ソルビン酸K)や安息香酸ナトリウム(安息香酸Na)など、香りについても加工品の香りを高めることを目的とした香料-それらは加工食品の旨味を引き立て、日持ちを長くし、メリットも非常に多いと思います。

 

 しかし私たちは、生産者、製造者の努力で、自然界に本来存在する旨味を味わうという贅沢を、たまにはしてもいいのではないかと考えております。

 

 
 
 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

おつまみ 焼き鳥 宮崎名物 鶏の炭火焼100g×3 1000円 ポッキリ
価格:500円(税込、送料無料) (2017/9/17時点)

 
 
 

鶏の炭火焼 黒さの理由 それは燻された香り

 
 

 はじめて見る方は、その色に驚かれるれるかも知れません。

 

 

 この色は焦げているわけでも、炭火をまぶしている訳でもありません。

 

 焼く人が鶏の脂が火に落ちた時に出る大量の煙と炎を操りながら、その煙で、お肉を包み込み、燻製に近い香りをまとわせます。

 

 鶏肉を煙で包み込むことで、燻した香りと焼き色がつくのです。

 

 これが宮崎の鶏の炭火焼きの黒さの理由です。

 

 鶏の炭火焼きは、見た目は黒く、しかしながら口の中に旨味と特有の香りが広がる逸品となっています。

 
 
 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

おつまみ 焼き鳥 宮崎名物 鶏の炭火焼100g×3 1000円 ポッキリ
価格:500円(税込、送料無料) (2017/9/17時点)

 
 
 

鶏の炭火焼 行程のほとんどが手作業です

 
 

 「出来たてを届けたい!」ご注文に合わせて全て人の手でお作りしています。

 

 出来上がるまでのほとんどの工程、カット・味付け・焼き上げ(一部機械による)・袋詰めまで機械ではなく手作業で行われます。

 

 味付け・大きさ・色合い全てにおいて、均一になるよう真剣に取り組んでいますが、多少のばらつきがあるかも知れません。

 

 それは機械ではなく人が手作業で製造しているためです。

 

 ですので、大量生産は出来ません。そのかわり、ご注文に合わせて日々、製造しますのでできる限り出来立てをお届けします。